『 君といた夏休み。


.


 初夏の日差しの降り注ぐ、コトコト揺れる小さな電車の中で、僕は君に会いました。何も言わずに君は、僕の目の前の席に腰を落ち着けて、まるで始めからそこにいたように無邪気な笑みを浮かべました。
 戸惑う僕に構うことなく、電車はコトコトと山間を抜けて、広い広い海の見える小さな駅の前で、すぅっと静かに停まりました。せかされるように電車を降りると、ふわりと心地よい海風が、入れ違いに僕の頬をかすめて電車の中へと乗り込みました。駅員さんのピュルルルルッという笛の合図と同時に、プシュッと電車の扉が閉まりました。
 海風を乗せた電車が、またコトコトと走り出しました。しばらくその姿を眺めて見送ってから、僕は誰もいない駅を後にしました。

* * * * *

「ねぇ! どこへ行こうか?」
 不意にかかった幼い声に、僕は驚いて横を見ました。君がまた、あの無邪気な笑みを浮かべて立っていました。僕が何を言っても答えにならない返事ばかりして、結局君は、僕について来てしましました。
 君と二人で海を見て、商店街をぶらぶらして、公園で遊んで、神社を散歩して……君はいつも僕と並んで歩いて、僕を追い越しては得意げにあの笑みを浮かべました。君と過ごす時間はとても楽しくて、僕は一人で来た事も忘れて、もともと君がいたような、そんな気持ちになっていました。

……でも別れは、必ずやって来るものでした。

 夕暮れの坂道の途中で、君がふいに僕を振り返って、悲しそうな顔でその言葉を紡いだ時は、今の時が止まってしまえばいいと、心の中で何度もつぶやきました。

 もうきっと会えないことを、僕たちはぼんやりと分かっていました。

* * * * *

 コトコトと揺れる帰りの電車の中で、僕たちは言葉少なく窓の外を流れて行く景色を見つめていました。広い海が消えて、山を通り過ぎて、田んぼからビルに変わる頃になると、窓の外を見ていた僕を君がポンポンとたたきました。見ると君が、あの笑みを浮かべて立っていました。
「……降りるの?」
 僕の問いかけに、君はやっぱり答えないで、ぐいと僕の前に小指を突き出しました。
「指切りしようよ。また二人で旅行に行くってこと」
「……でも……」
 渋る僕の指を無理矢理にでも取ると、君は強引に指切りしました。
「ウソついたら針千本だからね。約束だよ?」
 そう言って君は、またあの笑みを浮かべました。けれどもそれは、いつもの無邪気な笑みではなくて、別れの悲しみをたたえた小さな小さな笑みでした。
「うん……約束だ」
 君の悲しみを受け止めて、僕も笑みを浮かべました。涙でボロボロの笑顔でも、僕と君にとっては一番ステキな笑みでした。

* * * * *

 いつになるとも分からないその約束は、今もずっと約束のままで、僕の胸の中に忘れられずにありました。

 コトコト揺れる電車の中で、ポカポカと差し込む冬の日差しに眠りかけていた僕は、ふとしまいかけていた君との約束を思い出しました。
「約束……針千本飲まなきゃかなぁ……」
「―― 飲まなくていいですよ」
 ポツリとつぶやいた言葉に返事があって驚いて振り返ると、少し大きくなった君が立っていました。
「どこへ行きましょうか?」
 君があの笑みを浮かべて聞きました。僕もつられて、でも心から嬉しくて笑いました。

「海を見に行こうか」

 僕たちの夏休みは、まだ始ったばかりのようです。



_END [ 2006/02/19 茶々紅 ]


.

__

トップへ戻る